鴻海、シャープ買収決定 出資1000億減で決議

2016.3.31 05:00

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は30日の取締役会で、経営再建中のシャープを買収することを決めた。シャープも30日の臨時取締役会で、鴻海からの出資額を減らす買収条件の変更受け入れを決めた。長引いた交渉がようやく決着し、シャープ再建は大きな節目を迎える。両社は4月2日に契約を結ぶ。その後に、高橋興三社長と郭台銘会長の両トップが記者会見を開く予定だ。

 鴻海はシャープへの出資を当初予定の4890億円から1000億円程度減らす。シャープの主力取引銀行の三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は、新たな融資枠計3000億円の設定や既存融資の金利引き下げで支援する。主力行はシャープへの5100億円の融資について、3月末の返済期限を1カ月延長する方針だ。

 シャープは2016年3月期の連結営業損益の予想を100億円の黒字から、1700億円の赤字に引き下げた。

 シャープは2月25日に鴻海の傘下入りを決めたが、最終盤で浮上した財務リスクをめぐって交渉は長期化。出資額の引き下げに加え、追加の金融支援といった鴻海の要求にシャープや主力行が応じた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。