三菱重工、日立、住商 バンコク首都圏の高架鉄道を1120億円で受注

2016.3.31 06:20

 三菱重工業、日立製作所、住友商事は30日、タイ国鉄からバンコク首都圏の高架鉄道「レッドライン」の鉄道システム建設を約1120億円で受注したと発表した。年内にも着工し、2020年の完成を目指す。

 レッドラインはバンコク中心部のバンスーとバンコク北郊パトゥムタニ県ランシットを結ぶ26.4キロの北線と、バンスーとバンコク西部のタリンチャンを結ぶ14.6キロの西線の計41キロ区間。北線の土木建設は日本政府の円借款で、西線はタイ政府が自己資金で整備する。

 3社は昨年7月、鉄道システム受注で基本合意していた。渋滞緩和に一役買う。

 受注したのは鉄道システムの設計から建設までで、三菱重工は信号、通信などのシステム設計や調達を手掛ける。日立は約130両に上る車両をシステムとして納入し、住商が交渉と工事などの据え付けを行う。タイでは今夏開業予定の高架鉄道「パープルライン」車両システムも丸紅と東芝、JR東日本が共同受注している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。