新型「GT-R」を国内初披露 日産、改良重ね出力20馬力アップ

2016.4.1 17:18

日産自動車が国内初披露したスポーツ車「GT-R」の2017年モデル。前面の開口部を広げ、冷却性能を上げた=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)

日産自動車が国内初披露したスポーツ車「GT-R」の2017年モデル。前面の開口部を広げ、冷却性能を上げた=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)【拡大】

  • 日産自動車が国内初披露したスポーツ車「GT-R」の2017年モデル。後部両端のデザインを変え、車体周辺の乱気流を抑えた=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)
  • 日産自動車が国内初披露したスポーツ車「GT-R」の2017年モデル=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)
  • 日産自動車が国内初披露したスポーツ車「GT-R」の2017年モデル。内装色に「アイボリー」など2色を追加した=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)
  • 日産自動車の入社式で新入社員に旗艦スポーツ車「GT-R」の2017年モデルを先行披露したカルロス・ゴーン社長=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)
  • 日産自動車の入社式で新入社員に旗艦スポーツ車「GT-R」の2017年モデルを披露したカルロス・ゴーン社長=1日、横浜市西区高島の日産グローバル本社ギャラリー(会田聡撮影)

 日産自動車は1日、旗艦スポーツ車「GT-R」の2017(平成29)年モデルを国内初披露した。出力は米国仕様で従来モデルより20馬力アップしたほか、前面の開口部を広げて冷却性能を向上するなど内外装を大幅に改良した。今夏に投入する。

 排気量3.8リットルのV型6気筒エンジンを搭載し、気筒別に最適な点火時期を制御する技術の導入で出力を565馬力(米国仕様)までアップした。外装デザインは開口部の拡大でボンネット内の空気の流れを良くしたほか、車体周辺の乱気流を防ぐことで空気抵抗を低減した。

 内装はインストルメントパネルにステッチを施した高品質レザーを使って高級感を演出。カーナビのディスプレーは従来の7インチから8インチに広げ、ドライブモード時の変速に使う「パドルシフト」がハンドル操作に合わせて動く設計にするなど使い勝手も向上している。

 外装色は光沢のあるオレンジを追加して計7色に増やした。価格や国内仕様の詳細は今夏発表する。西川広人副会長は同日の発表会で、「日産の技術と情熱を詰め込んだモデルだ」と語った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。