新生銀、中国SNS決済を日本で代行 手数料収入狙う (1/2ページ)

2016.4.14 06:34

 新生銀行は13日、訪日中国人向けに、中国最大手のSNS(交流サイト)を利用したスマートフォンなどでの資金決済サービスを5月から始めると発表した。中国で普及する簡易な決済手段を日本で利用できるようにする。

 新生銀グループのアプラス(大阪市)が、中国最大のSNS「ウィーチャット」を利用した資金決済サービスの日本での決済代行業を請け負う。現金を用意する手間がないため、中国では約6億人が利用するほど普及しており、新生銀は、手数料収入の増加が見込めると判断した。

 訪日中国人が商品を購入する際、スマホに表示された情報を店側の機器に読み取らせることで決済できる仕組み。

ロフトや大丸松坂屋百貨店の店舗など一部に限られていた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。