「直久」が期間限定カレーラーメン 10年超追求した理想の味

2016.4.25 05:00

10種以上のスパイスを使った香味油でパンチを効かせた

10種以上のスパイスを使った香味油でパンチを効かせた【拡大】

 ラーメン店「直久」を運営するフククルフーズ(福岡市早良区)は、カレーラーメン「華麗(カリー)なるスパイスそば 初夏の香」を開発、同店を通じ5月末までの期間限定で販売を開始した。

 直久のラーメンはあっさりしたしょうゆ味が売り物。こうした中、「のれんにこだわらず、若い方や常連さんに飽きがこないようにする工夫も必要」(橋本朋郁社長)という理由で、2年前から期間限定のラーメンを提供している。

 今回はブルーノートのDJを務める音楽プロデューサーで、年に500杯はラーメンを食べるという須永辰緒氏と共同で開発した。須永氏は10年以上にわたって試作を重ね理想のカレーラーメンを追求。一方、直久もカレーラーメンを検討していたため両者の思いが一致、商品として結実した。ラーメンには、主に北インド式カリーで使われる10種以上のスパイスを使った香味油が使われている。

 価格は980円。希望者には半ライス、女性には小豆入り杏仁豆腐をサービスする。

 フククルフーズは直久のほか「九州酒場博多流。」などの居酒屋を運営、M&A(企業の合併・買収)を核にした通じた事業拡大を計画している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。