「任天堂ファンの威力を思い知った…」 Miitomoが異例の人気ぶり (3/5ページ)

2016.5.8 07:13

任天堂初のスマートフォン向けアプリ「Miitomo(ミートモ)」のタイトル画面(同社提供)

任天堂初のスマートフォン向けアプリ「Miitomo(ミートモ)」のタイトル画面(同社提供)【拡大】

  • 任天堂初のスマートフォン向けアプリ「Miitomo」の、プレー中の1画面

 任天堂がホームページで掲載しているPR動画は、女子学生がミートモで同級生の「プロレス好き」を発見してびっくりするというもの。アプリを通じて、現実の人間関係が意外な発展をしていくおもしろさを訴えている。

 カドカワの浜村取締役は「ミートモは新しいコミュニケーションのあり方を提案した。それだけでなく、任天堂の今後のゲーム戦略を垣間見ることもできる」とも分析する。

 任天堂の戦略の核ともいえるのが、ミートモと同時にスタートした会員制サービス「マイニンテンドー」だ。

 マイニンテンドーは、ユーザーが自分のID「ニンテンドーアカウント」を取得。任天堂のゲームなどで遊んだり、ダウンロードしたりするとポイントがもらえ、ソフト購入の割引クーポンやアイテムと交換できるというものだ。ミートモと連携させると、質問に答えるなど遊ぶごとにポイントがつく。

 浜村取締役は「ミートモでマイニンテンドーの会員が増加すれば任天堂の他のゲームにも誘導でき、収益の拡大につながるのでは」と指摘する。

これらのアプリはユーザーを飽きさせない工夫を凝らしたゲーム内容と…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。