三菱自不正、軽4車種以外でも燃費データ不正取得 益子会長が会見で謝罪

2016.5.11 18:07

三菱自動車の燃費試験不正で、国土交通省への報告を終え会見に臨む益子修・会長兼CEO。左奥は相川哲郎・社長兼COO=11日午後、東京都千代田区(撮影・春名中)

三菱自動車の燃費試験不正で、国土交通省への報告を終え会見に臨む益子修・会長兼CEO。左奥は相川哲郎・社長兼COO=11日午後、東京都千代田区(撮影・春名中)【拡大】

  • 燃費データ不正問題の調査状況を報告するため、国交省に入る三菱自動車の益子修会長(手前右)と相川哲郎社長(同左)=11日午後

 三菱自動車は11日、燃費データを改竄していた軽自動車4車種以外の複数車種でも、必要な走行試験を実施せず、机上計算などでデータを取得する不正を行っていた疑いがあると発表した。燃費不正問題に関する調査状況を国土交通省に報告し、益子修会長と相川哲郎社長が記者会見し明らかにした。新たな不正が判明したことで、同社は一段と厳しい状況に追い込まれるのが避けられない。

 益子会長は会見で「お客さまにご迷惑やご心配をおかけしていることを深くおわびする」と謝罪した。

 三菱自は、平成25年6月以降に生産した軽自動車「eKワゴン」、日産自動車向けの軽自動車「デイズ」など計4車種で、データを改竄したり、机上計算したりして、燃費をよく見せかけていた。これとは別に、1991年以降、違法な走行試験を繰り返していたことも発覚している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。