【スズキ不適切試験会見・詳報(3)】燃費の誤差は「5%の範囲内、問題ないです」と副社長が強調 (1/6ページ)

2016.5.18 19:19

スズキの会見に出席した左から本田治副社長、鈴木修会長、鈴木俊宏社長、笠井公人・四輪技術本部長=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)

スズキの会見に出席した左から本田治副社長、鈴木修会長、鈴木俊宏社長、笠井公人・四輪技術本部長=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

 《国土交通省5階の大会見室に詰めかけた約200人の報道陣から、次々と質問が出る》

 --不正な試験を行っていたのは、御社で生産・販売している全車種ということか

 鈴木俊宏社長 「はい」

 --不正の動機は、燃費のカタログデータを良くしたいということではないのか。それとも、作業の簡略化ということか

 本田治副社長 「結論から申しますと、『燃費をあえて良くしようという意図』が働いている形跡はなかった。不安定な作業の中で『効率を上げて、的確なデータを得ていきたい』というのが動機だったと、今のところ判断しています。従って燃費をどうこう、上げよう、という意図は今のところ『なかった』と私共は判断しています。会長、社長がご説明申し上げた通り、『燃費は疑念がない』と国交省に報告させていただいた次第です」

 「数字がすべてを物語ると考えております。16車種の走行抵抗値について、認証を受けた際の申請値と、『惰行法』を用いてとりためてきたデータ、最近になって改めて測定した走行抵抗値との検証を行った。その検証結果から、走行抵抗値はいずれも同等の範囲内にあったと考え、『燃費を操作する意図はなかった』とご報告しました」

 --国交省からは、今日の報告に対して追加指示などはあったか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。