トヨタの新型「パッソ」が快走 受注台数が目標の3倍突破

2016.5.19 18:00

トヨタ自動車の「パッソ」
トヨタ自動車の「パッソ」【拡大】

 トヨタ自動車は19日、約6年ぶりに全面改良した小型車「パッソ」の新型モデルの受注台数が目標の3倍を超えたと発表した。4月12日の発売日からおよそ1カ月間で約1万6500台を受注。グレードの内訳は、シンプルなデザインで幅広い年齢層に向けて開発した「X」が1万0150台。若い女性を想定した「MODA」が6350台となっている。

 8月に完全子会社化する予定のダイハツ工業が、OEM(相手先ブランドによる生産)で供給。エンジンに軽自動車で使う燃焼効率を上げる技術などを採用し、燃費を従来モデルから改善した。車体に高張力鋼板を採用し、部品を20点削減して軽量化も果たした。

 購入者からは、丸みを帯びたかわいいデザイン性をはじめ、取り回しの良さや、1リットル当たり28.0キロ(二輪駆動)の高い燃費性能などが好評を得ているという。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。