トヨタと日産、伊勢志摩サミット会場で自動運転車をアピール

2016.5.26 18:40

トヨタ自動車が伊勢志摩サミットで公開した一般道の自動運転実験車「アーバンチームメイト」
トヨタ自動車が伊勢志摩サミットで公開した一般道の自動運転実験車「アーバンチームメイト」【拡大】

  • トヨタ自動車が伊勢志摩サミットで公開した一般道の自動運転実験車「アーバンチームメイト」(提供写真)
  • トヨタ自動車が伊勢志摩サミットで公開した一般道の自動運転実験車「アーバンチームメイト」
  • トヨタ自動車が伊勢志摩サミットで公開した一般道の自動運転実験車「アーバンチームメイト」(提供写真)

 トヨタ自動車は26日、三重県で開幕した主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で、一般道でも自動運転ができる実験車「アーバンチームメイト」を公開した。歩行者や障害物を検知して衝突を避けるほか、信号や標識も認識して目的地まで加減速などの操作なしで走行する。サミット会場では日産自動車も自動運転の試作車を披露し、先進技術をアピールしている。

 アーバンチームメイトは、レクサスの旗艦車種「LS」に高性能レーダーやカメラを搭載した。トヨタがサミット会場で関係者の送迎用に提供。実用化時期は未定だが、今後も操作を判断する人工知能(AI)などを追加して開発を進める。

 トヨタは昨年10月に高速道路を自動運転する「ハイウェイチームメイト」を公開し、2020年ごろの実用化を目指している。

 一方、日産は首脳向けイベントで、自動運転技術「プロパイロット」を載せた試作車を披露した。電気自動車(EV)「リーフ」に、8個のカメラやレーダーで車体周辺の物体と距離を正確に把握し、衝突などを防ぐ。

 日産は年内に高速道で自動運転できる車種を日本市場に導入し、20年には一般道にも展開する計画だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。