主要生保、9社が減益 円高で利息収入が目減り (1/2ページ)

2016.5.27 06:46

記者の質問に応える日本生命保険の児島一裕常務執行役員=26日、日銀

記者の質問に応える日本生命保険の児島一裕常務執行役員=26日、日銀【拡大】

 主要生命保険12社の2016年3月期連結決算が26日、出そろった。基礎利益は、為替水準が前期に比べ円高ドル安に推移し外国債券の利息収入が目減りした影響などで9社が減益となった。

 日本生命保険、第一生命保険は買収効果などで増益を確保した。17年3月期は利息収入のさらなる減少に加え、日銀のマイナス金利政策で、貯蓄性の高い円建ての一時払い保険の値上げや販売休止が進む見通し。生保各社の取り巻く環境が厳しくなってきた。

 16年3月期の売上高に相当する保険料等収入は、利回りの低下で一時払い保険の販売を抑制する明治安田生命保険、T&Dホールディングスなど5社が減収となった一方、金利が高い外貨建て商品の販売が好調に推移した日本生命、第一生命など7社が増収となった。日本生命は、団体保険の大口契約の獲得にも成功したことで、第一生命に奪われていた保険料等収入の首位の座を2年ぶりに奪還した。

 一方、基礎利益は外国債券の利息収入減に加え、明治安田生命保険、住友生命保険は昨年夏以降の株価下落で変額年金の運用が悪化したことも影響した。

17年3月期の業績は、マイナス金利政策の実施で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。