創業者リスペクトの「記念館建設」も怪しい? 鴻海はシャープとの約束守るのか  (2/4ページ)

2016.5.29 07:10

社名の由来となったシャープペンシルの製作風景の再現ジオラマ=奈良県天理市のシャープミュージアム(織田淳嗣撮影)

社名の由来となったシャープペンシルの製作風景の再現ジオラマ=奈良県天理市のシャープミュージアム(織田淳嗣撮影)【拡大】

  • 早川徳次直筆の書や伝記が飾られているシャープミュージアム=20日、奈良県天理市(織田淳嗣撮影)

 関東大震災で家族と工場を失った早川氏は大阪で再起し、大正14年には国産第1号となる「鉱石ラジオ」を開発。研究に汗を流す当時の早川氏の模型も登場し、創業者のたくましさがうかがえる。

 家電の展示は、日本の家電の歴史そのものをたどるものだ。日本初の白黒テレビ(昭和28年)、カラーテレビ(同35年)、国内初のターンテーブルを採用した電子レンジ(41年)、世界初の液晶電卓電卓(48年)など、シャープが時代をリードしてきたことを裏付けるものばかりだ。

 一方でユニークな製品も数多い。シェーバーとドライヤーを合わせた「ひげドラ」(同53年)をはじめ、電卓機能が信じられない人のためにそろばんと一体化して検算できるようにと開発した「ソロカル」(同)などなど。また商品化はされなかったが、左右両側から視聴のできる「両面テレビ」もある。ミュージアムは、早川氏が追いかけ続けた「創意」にあふれた気風を示している。

ただ、早川氏ゆかりの品は直筆の書や着物などが並んでいる程度で…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。