創業者リスペクトの「記念館建設」も怪しい? 鴻海はシャープとの約束守るのか  (4/4ページ)

2016.5.29 07:10

社名の由来となったシャープペンシルの製作風景の再現ジオラマ=奈良県天理市のシャープミュージアム(織田淳嗣撮影)

社名の由来となったシャープペンシルの製作風景の再現ジオラマ=奈良県天理市のシャープミュージアム(織田淳嗣撮影)【拡大】

  • 早川徳次直筆の書や伝記が飾られているシャープミュージアム=20日、奈良県天理市(織田淳嗣撮影)

 シャープの次期社長に内定した鴻海の戴正呉副総裁は2日の記者会見で「今の本社の近くに新本社を建て、一番上の方に必ず記念館をつくりたい」と述べていた。だが、新本社は現在の本社近くに建つ可能性はなくなった。堺工場に移転することが決まったからだ。

 記念館構想は、鴻海が創業家に敬意を示すことでシャープとの融和を図ったとみる向きもあるが、シャープ自体が創業家との関係性が薄まっている。それに記念館とシャープミュージアムのコンセプトは重複している。要は同じ器はいらないのである。創業家の存在感が薄らぐ中、新しい記念館をどんなイメージを打ち出せるのか、実現性や実効性には疑問符がつく。

 天理市では、観光資源でもあるシャープミュージアムの移転を心配する声も出始めている。現時点で記念館計画は進行中だが、鴻海サイドは約束を守るのか、その動向が注目される。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。