iPhone劣勢、今年の減少率予想が2%に拡大 アンドロイドはシェア85%が射程に (2/2ページ)

2016.6.2 13:37

「iPhone6」

「iPhone6」【拡大】

 今年の出荷台数予想は、3月調査に比べて、6月調査ではアンドロイド搭載機は1410万台が、iOS搭載機が440万台がともに下方修正された。しかしiOS搭載機については、調査会社のIDCでは「過去数年間の成長から重要な変化となる」と指摘している。3月調査では横ばいか微減という結果だったが、今回は2%減というまとまったマイナス幅になることで、減速感が強く印象づけられたからだ。

 ただ同時にIDCでは今後のiOSは中国、インドなどの大きな市場での拡大が期待できることから、来年以降は巻き返すと見ている。2020年までの年率成長率は3.5%と予想した。

 もっともこれはアンドロイド搭載機にも同じことが言え、iOS機を上回る年率5.3%の成長が続くと予想する。この結果、2020年の出荷台数は、アンドロイド機か15億6530万台(シェア85.1%)、iOS機が2億6710万台(14.5%)と差は縮まらない。

 もうひとつ、IDC社の予想では、今年までは2強以外もそれなりに踏みとどまっているが、2020年時点では、スマホ市場が2強に収れんされるという予想になっている点にも注目したい。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。