銀座ソニービルを来春解体 東京五輪までイベント広場として開放、終了後に新ビル着工へ (1/2ページ)

2016.6.13 16:55

銀座ソニーパークのイメージ

銀座ソニーパークのイメージ【拡大】

  • 銀座ソニービルの外観(ソニー提供)
  • 銀座ソニーパークのイメージ(ソニー提供)

 ソニーは13日、東京・銀座の数寄屋橋交差点にある「ソニービル銀座」を来年(2017年)春から解体して更地とし、18年夏から20年夏の東京五輪まで、都心の憩いの場となるイベント広場「銀座ソニーパーク」として暫定的に開放すると発表した。

 訪日観光客の増加も見込み、コンサート会場など幅広い用途に活用し、銀座の活性化につなげる。東京五輪が終わった後の20年秋に「新しいソニービル」を着工し、22年秋に完成・営業再開させる予定だ。高さや階数などは未定。

 ソニービルは創業者の一人である盛田昭夫氏が「東京・銀座の玄関」として、いまからちょうど50年前の1966年に開業。地下5階・地上8階で、1~6階にはショールームや直営店のソニーストア銀座があり、年間400万人が来館している。

来年3月末に現ソニービルの営業はいったん終了。これに先立ち…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。