富士フイルム、乳がん検査の精度向上に貢献 AI活用の画像処理技術開発 (1/2ページ)

2016.6.17 06:27

 富士フイルムは16日、人工知能(AI)を活用して、X線で撮影した患者の骨や筋肉などの構造を分析できる画像処理技術を新たに開発したと発表した。

 乳がん検査で、異なる角度から撮影して収集した乳房の画像データを3次元的に再構成する「トモシンセシス撮影」用ソフト「エクセレント」にこの技術を搭載し、7月1日に発売する。

 デジタルX線撮影装置「アミュレット イノバリティ」に対応させ、検査の精度を高め、早期発見につなげる。

 新技術により、ノイズを取り除いた乳がん診断画像の描出が可能。複数の画像を基に、乳腺や石灰化など、乳房の立体構造を高精度に認識できる。

 画像の情報量は従来比約4倍に増やし、高画質を保ちながら最大約4割の低線量化が期待される。

マンモグラフィー検査は、病変や乳腺構造が重なって写っていると、視認しにくい

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。