中韓でテスラ大攻勢 上海で90億ドルの生産拠点、ソウルにオフィス開設 (1/3ページ)

2016.6.22 14:00

 米電気自動車(EV)大手テスラ・モーターズが中国と韓国市場への攻勢を本格化する。上海に現地企業との合弁で投資額約90億ドル(約9365億円)の大規模生産拠点を設立する方向で基本合意したことが関係者の話で分かった。テスラはソウル市内にも拠点を開設して韓国市場に参入。同国最大手の現代自動車に勝負を挑む構えを見せている。

 ディズニー超す投資

 関係者によると、上海市当局傘下の不動産開発会社である上海金橋集団は、市内での生産施設の建設に関して、テスラと拘束力を持たない覚書を交わした。両社の投資額はそれぞれ約45億ドルで、金橋は自社負担分として土地を提供する可能性があるという。

 中国の主要都市では上海のほか、蘇州市(江蘇省)、合肥市(安徽省)がテスラの誘致を競っている。上海で90億ドル規模の投資が実現すれば、米娯楽メディア大手ウォルト・ディズニーによる上海ディズニーランドへの投資55億ドルを上回る。

 ブルームバーグ・インテリジェンスの自動車アナリスト、スティーブ・マン氏は、「テスラと上海にとって大きな勝利となるだろう。投資には全国的な販売店ネットワークやスーパーチャージャー(急速充電スタンド)、研究開発センターが含まれるだろう。第2のギガファクトリー(大規模なリチウムイオン電池工場)も盛り込まれるかもしれない」と分析した。

中国での現地生産が可能になれば、テスラは25%の…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。