7千人削減「決まっていない」 シャープ株主総会、鴻海入り承認「社名は残る」 (1/2ページ)

2016.6.23 17:04

総会で発言する野村勝明副社長。「シャープの名前は残る」と強調した=23日午前、大阪市西区(前川純一郎撮影)

総会で発言する野村勝明副社長。「シャープの名前は残る」と強調した=23日午前、大阪市西区(前川純一郎撮影)【拡大】

 経営再建中のシャープは23日、大阪市内で株主総会を開いた。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資を受け入れるための新株発行や新経営陣の選任など6議案を提案し、すべて賛成多数で承認された。鴻海は月内にも計3888億円の出資を完了し、シャープ株の66%を取得する。国内大手電機メーカーが初めて外資の傘下に入り、立て直しを図ることになる。総会には昨年より183人少ない1029人の株主が出席し、所要時間は過去最長の昨年と並ぶ3時間23分となった。

 総会の冒頭、高橋興三社長が2期連続の赤字と4年間の無配当について、役員全員を起立させたうえで「期待に応えられず誠に申し訳ない。深くおわび申し上げる」と陳謝。鴻海による買収については「鴻海との戦略提携で再生と成長に向けた取り組みを加速させる。一層のご支援をお願いしたい」と理解を求めた。

 株主質問では鴻海による買収に質問が集中。鴻海首脳がシャープ人員を7千人規模で削減する可能性を示唆したことに対し、橋本仁宏取締役常務執行役員は「生産体制や人員適正化は全世界で検討する必要があるが、現時点で決まったものはない」と述べるにとどめた。また、鴻海傘下で経営に当たる野村勝明副社長は「シャープの名前は残る。鴻海の生産力や顧客基盤を生かし、全世界での製品販売を強化する」と強調した。

高橋社長は退任し、鴻海の戴正呉副総裁が社長に就く

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。