時速240キロで体感した最強のロードカー、ポルシェ『911ターボ』の実力 (1/7ページ)

2016.6.26 17:14

 “ポルシェ”というブランドは、例えばロータスなどと違って、おそらくは多くの女性も知っているブランドであり、フェラーリやランボルギーニよりも顔やカタチまで想像できるわかりやすいスポーツカーではないだろうか。という話は、ポルシェのイメージは『911』というのが大前提ではあるが、1964年に初代『911』が誕生して以来、その基本的な設計思想やカタチを大きく変えることなくモデル継承を行なってきたことと、語り継がれる揺るがないスポーツカー神話によって、ますますポピュラーぶりを強めているような気がする。では『911』にはどんなモデルがあるかと言うと、最もポピュラーなモデルである『911カレラ』は15モデル、『911ターボ』は4モデル、サーキット走行なども視野に入れたスパルタンなモデル『911GT3』は2モデルとなっている。

 1つのプラットフォームをベースに、例えば屋根が開くモデルにも「コンバーチブル」と「タルガトップ」があり、駆動方式は「2WD」と「4WD」があり、「ノンターボエンジン」と「ターボエンジン」搭載車がある。実はこれは少し前までの話で、最近、『911カレラ』の搭載エンジンもライトサイジング化(※一般的にはダウンサイジングという)を行なって、排気量を下げたターボエンジンになったばかり。しかしそれは「ポルシェターボ」とは呼ばず、これまで通り『カレラ2』とか『カレラ4』と呼ぶ。そして今回の話の主役、「ポルシェターボ」は『GT3』を除くロードカー向けポルシェの中では最強モデル、最強の『911』。

 ただ、その最強ぶりは単にパワフルで速いというだけではなく、パワフルな“水平対向エンジン”を“リヤ”に積む独特の思想を持つソレを、多くのアベレージドライバーが扱える性能に仕上げられている。限られたシチュエーションでのみ、その性能を発揮するためのレーシングカーのようなタイプではない。ゆえに、ポルシェターボはポルシェ最強のロードカーと言えそうだ。

新型『911ターボ』と『911ターボS』の改良点は?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。