【トップは語る】SBI生命保険 在宅医療も保障、新しいニーズ開拓 (1/2ページ)

2016.7.6 05:00


【拡大】

 □SBI生命保険社長・飯沼邦彦さん(49)

 --新しい医療保険の形として終身医療保険「も。」を2月に発売した

 「SBIグループの生命保険会社として他の生保が手掛けていなかったり、グループシナジーを生かせる商品を検討していく中で、在宅医療も保障する商品を開発した。特定疾病に対して在宅医療に限定的に給付する保険はあったが、全ての病気やけがに対し入院から在宅医療に移行した後も給付する商品は初めて。そこで入院・手術、先進医療、退院後の通院に加え在宅医療も、ということで『も。』という名前を採用した」

 --在宅医療は時代の流れだ

 「病床数の減少、高齢化による患者数の増加に伴い国は在宅医療を後押ししている。一方、平均入院日数の短期化もあり、在宅医療をカバーする商品は欠かせない。3月にファイナンシャルプランナーらを対象にした講演会で『こうした保険は必要』『自分の両親にも利用させたかった』などの声を聞き、ニーズはあると確信した」

 --販売状況は

 「グループ顧客への販売などで手応えを感じているが在宅医療を補償できる保険を知ってもらう必要がある。グループで約1900万という顧客基盤への効率的な販売に加え、在宅医療の重要性を訴求し商品認知度を高めていく。ただ他の生保も早晩参入してくると思うので、先行優位性を確保できるように商品を進化させていく」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。