設置数は世界一だけど… 東京の屋上ヘリポートが利用されない理由は? (1/2ページ)

2016.7.9 07:06

米ニューヨーク・マンハッタン-ジャージー間を運航するヘリコプター。東京のヘリポート数は世界最多だが、そのほとんどが緊急時以外には使われていない(ブルームバーグ)
米ニューヨーク・マンハッタン-ジャージー間を運航するヘリコプター。東京のヘリポート数は世界最多だが、そのほとんどが緊急時以外には使われていない(ブルームバーグ)【拡大】

 東京の高級ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」は、運転手付き1934年型ロールスロイス・ファントム、著名な足医学専門家が監修したスタジオ、1泊約10万円のスイートルーム、ヘリコプター送迎用のラウンジなどでのサービスを提供する。しかし、2007年のオープン以来、屋上にあるヘリポートが利用されたことはない。

 ペニンシュラのような東京にあるヘリポート付きのビルは約80棟と、世界の都市で最多を誇るが、大半はめったに使われることはない。一つの理由は近隣住民への配慮だ。騒音規制や自治体や政府の規則により、東京上空では政府やテレビ局の関係者を乗せたヘリ以外はほとんど飛ばない傾向にある。

 しかし、屋上ヘリポートは存在するし、世界最大都市である東京での高層ビル増加に伴い、その数は増えている。こうしたヘリポートの用途は地震や災害などでの利用にとどまっている。

 米シカゴに本部がある高層ビル・都市居住協議会によると、世界の都市のヘリポート数ランキングでは、日本と韓国の都市が上位4位を占める。2位はソウルで77棟、3位は韓国の釜山で50棟、4位は大阪で43棟。北米最多の米ロサンゼルスは41棟だ。同協議会の広報担当、ジェーソン・ガベル氏によると、これらの数字は提出データに基づいており、報告されていない場所は含まれていないという。

ペニンシュラは災害が起こるまでヘリポートの利用を待つつもりはない

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。