iPhone販売予想割れる アップル株は「買い」で一致 (1/2ページ)

2016.7.9 06:56

 アップルの「iPhone(アイフォーン)」の販売予想を立てることは想像以上に難しい。アイフォーンの需要が強いのか、弱いのか、横ばいなのかでさえ、ウォール街のアナリストの見解は分かれる。多くのアナリストがアイフォーンの販売予想を行うが、その際に考慮しなければならない要因は、消費者の買い替えサイクルなど多岐にわたる。さらに新たに加わったのが英国の欧州連合(EU)離脱の影響だ。

 シティグループのアナリスト、ジム・スーバ氏はリポートで、「英EU離脱に絡んだマクロ経済の不確実性と為替の変動性、買い替えサイクルの長期化に起因する需要低下の可能性を考慮して、われわれは4~6月期と7~9月期の予測を引き下げている」と説明した。同氏は買い替えサイクルが2013年には約2年だったが、現在は2年4カ月になったと分析。さらに将来的には3年まで延びる可能性があると指摘した。

 ドレクセル・ハミルトンのブライアン・ホワイト氏はスーバ氏よりも若干楽観的で、最近のアップル株の下落を買いの好機だと指摘する。ただアイフォーンの最新モデルの投入時期が遅くなればなるほど、株価への悪影響は強まると指摘。「われわれはアイフォーンのサイクルの後期に通常起こる株価下落で投資意欲が損なわれる可能性があり、マクロ環境は依然として追い風というよりは向かい風となっていると認識しているが、それでもアップルのバリュエーション(株価評価)は引き続き非常に魅力的であり、われわれの現行モデルに基づけば次期アイフォーン7のおかげで最終的には17年1~3月期(第2四半期)までにアイフォーン販売台数は前年同期比プラスに回復すると予想される」と分析した。アイフォーン7は年内発売が見込まれている。

短期的には楽観的でないが、長期的には依然として良い投資対象

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。