アップルウオッチの世界出荷が55%減 4~6月期、米調査会社

2016.7.22 18:49

アップルウオッチの支払い機能を使うユーザー(ブルームバーグ)
アップルウオッチの支払い機能を使うユーザー(ブルームバーグ)【拡大】

 米調査会社IDCは21日、米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の世界出荷台数が、今年4~6月期に前年同期比55%減の160万台になったと発表した。次期モデルの投入を期待して消費者の買い控えが起きていると分析した。

 昨年4月の発売から1年以上が経過し、当初の盛り上がりは去ったもようだ。アップルウオッチの落ち込みで、多機能型の端末「スマートウオッチ」全体の台数は32%減の350万台と初のマイナスになったという。

 腕時計型端末のシェア首位で健康管理に特化したモデルを展開する米フィットビットは、調査対象に入っていない。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。