ドイツ生まれでも“アメ車” フォードはなぜ日本で売れなかったか? (1/6ページ)

2016.7.24 17:05

フォードが誇る伝統のスポーツカー「マスタング」(写真:フォード・ジャパン)
フォードが誇る伝統のスポーツカー「マスタング」(写真:フォード・ジャパン)【拡大】

  • 記者が試乗したフォード「マスタング50YearsEdition」(上野嘉之撮影)
  • 記者が試乗したフォード「フィエスタ」(写真:佐藤正巳)
  • フォード「フィエスタ」のコクピット(写真:佐藤正巳)
  • フォードの本格SUV「エクスプローラー」(写真:フォード・ジャパン)

 世界的な自動車メーカー「フォード」が、年内に日本市場から完全撤退する。マスタング、エクスプローラー、フォーカス…自動車ファンに高い人気を誇る名車を生み出してきたビッグブランドが、なぜ日本を去ることになったのか? 市場では「“アメ車”(アメリカ製の車)は売れない」と言われるが、実はフォード製の半分が欧州で企画・設計された“ドイツ車”であることは、あまり知られていない。筆者の試乗体験を踏まえ、フォード車の真の実力を検証する。(上野嘉之)

 「投資効果見込めない」と決断

 1月25日、フォード完全撤退という衝撃的な発表が日本中を驚かせた。

 「収益性確保に向けた合理的な道筋が立たず、投資に対して十分なリターンは見込めない」

 これが決断の理由だ。日本法人は年内に閉鎖し、従業員約290人は解雇。販売店網も消滅し、日本での製品開発は他国に移す。また、人口2億5000万人と日本より多いインドネシアも、同様に投資効果が見込めないとして撤退する。

 この報道に対し、ネット上では「びっくり。新型マスタング(右ハンドル)に期待していたのに…」「めっちゃショック。将来お金貯めていつか…って思ってたのに」「最近のフォード車はすごく良くなっただけに残念」などと惜しむ声が相次いだ。

 米国のフォード本社は1903年に創業し、自動車大国アメリカで「ビッグスリー」の一角として君臨してきた。初期の名車「T型フォード」は、世界で初めて流れ作業で大量生産された自動車として産業史を彩り、教科書にも登場する。

 日本との結びつきも極めて深い。対日輸出が始まったのは日露戦争後の1905年。25年には日本法人を設立し、横浜市の工場でノックダウン生産を行っていたという。戦中・戦後の混乱期を経て再び日本でのビジネスに取り組み、現在のフォード・ジャパンは74年から営業してきた。

 また、79年から2015年まで日本メーカーのマツダに資本参加し、小型車を共同開発するなど密接に関わってきた。

「実はフォード車の半分は、中身がドイツ車」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。