【マネジメント新時代】プロジェクトリーダーに必要な資質 (1/3ページ)

2016.8.6 05:00

拡大鏡を使って資料を読む男性。契約業務を取り仕切る能力もプロジェクトリーダーには求められる(ブルームバーグ)
拡大鏡を使って資料を読む男性。契約業務を取り仕切る能力もプロジェクトリーダーには求められる(ブルームバーグ)【拡大】

 □日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎

 前回のコラムでは、ビジネスの交渉局面でいい人ではなくタフ・ネゴシエーターが求められていると説いた。今回はその続編。海外自動車メーカー、海外大手部品メーカーとの交渉経験や、近年のコンサルティング業務を通じ、筆者が大切だと感じている資質の一つが、契約事項を取りまとめる能力だ。

 たとえば、共同開発やアライアンスなど、何か海外企業とビジネスを開始しようとすれば、最初に各種契約の締結が必要となる。

 しかし、契約と聞いただけで、日本では苦手にしているマネジメントも多いのではないだろうか。筆者も専門家ではないが、数多くの場面に立ち合い、当事者として交渉した経験から、プロジェクトリーダーにどのような資質が必要なのか考えてみたい。

 ◆2週間で合意

 直近の電撃買収といえば、ソフトバンクグループであろう。孫正義社長は7月18日、英半導体開発大手アーム・ホールディングスの株式100%を3兆3000億円で買収すると公表した。しかし、この内容については、10年間構想として温めていたものの、実際の買収交渉は開始から2週間でまとめたとのこと。

 同様な例として、日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、燃費不正問題で窮地に陥った三菱自動車の株式34%を2273億円で取得し、傘下に収めた。この時も2週間で結果を出している。これも構想は長年温めていたと推定されるが、実行に移ってからのスピードは速かった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。