東北と熊本の被災4県、ポケモンGOで観光復興へ アイテム入手など開発会社と詰め

 東日本大震災や熊本地震で被災した岩手、宮城、福島、熊本の4県の知事らは10日、都内で記者会見し、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を活用した観光客誘致に取り組むと発表した。現実世界を舞台にポケモンのキャラクターを収集するゲームの特徴を生かして被災地の復興を後押しする。

 宮城県の村井嘉浩知事は「若い世代に被災地の現状を知ってもらうきっかけにしたい」と期待を込めた。岩手県の達増拓也知事は「国外の人たちに津波被害のあった沿岸部に遊びにきてほしい」と述べた。

 4県と開発を主導した米ナイアンティックの日本法人で、取り組みの詳細や開始時期を詰める。プレーを楽しむ人を呼び込むため、ゲームで使うアイテム(道具)を入手する場所「ポケストップ」や、ポケモン同士が対戦できる「ジム」を4県の観光地などに追加することを想定している。関連イベントの開催も検討する。

今、あなたにオススメ
Recommended by