ナムコとカルビーがまたやってくれた!“冷やし中華”味のポテチってどんな味? (1/4ページ)

2016.8.13 17:11

 ■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

 「今年の夏は暑いらしい」

 6月に入るとお袋が毎年言うフレーズである。実際問題、2016年の夏は暑いらしく、確かに事務所のクーラー6月下旬から稼働している。そんな暑い日々で、食べたくなるのが冷たいもの。街の中華料理店の店先で揺れる「冷やし中華はじめました」の旗を見ると、居ても立っても居られない。

 冷やし中華と云えば、最近読んだ「タモリと戦後ニッポン」という新書に面白いことが書かれていたので、ひとつ。

 1975年1月、タモリと親交のあったジャズミュージシャン山下洋輔が蕎麦屋で飲んでいた。急に冷やし中華が食べたくなり注文したところ「冬場なのでやってない」とのこと。「どうして冬に冷やし中華を食べてはいかんのだ」と怒りを抱いた山下は、こうした状況と戦うべく『全日本冷やし中華愛好会(通称:全冷中)』を結成。タモリ、赤塚不二夫も会員となり、冷やし中華の解放に動き始める。そのブームは加速し、77年にはよみうりホールで「冷し中華祭り」という大きなイベントも開催。1つの議題を、センスの良い人達がいじくりまわす。良き時代の洒落た遊びである。

パッケージのデザインが素晴らしい

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。