米国向け「MRJ」重量超過、設計一部変更も 解約回避へ軽量化急ぐ (1/3ページ)

2016.8.24 06:18

三菱航空機のMRJ。米航空大手とパイロット組合の協定により軽量化する必要に迫られた
三菱航空機のMRJ。米航空大手とパイロット組合の協定により軽量化する必要に迫られた【拡大】

  • 愛知県営名古屋空港に着陸するMRJの試験2号機=5月
  • 愛知県営名古屋空港を離陸するMRJの試験2号機=5月31日
  • 愛知県上空を飛行するMRJの試験2号機=5月31日(三菱航空機提供)

 三菱航空機(愛知県豊山町)が米国の航空会社に納入する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」(88席クラス)を軽量化することが23日、分かった。米大手航空会社とパイロットの労使協定による機体の重量制限を超えているため。受注した447機のうち、米地方航空会社からの最大300機が該当する。解約を回避するため、搭載燃料や座席数を減らして対応する方針だ。

 600キロオーバー

 米国では航空大手が地域航空会社に地域路線を委託している。ただ、こうした路線が増加し、機体も大型化すれば、航空大手のパイロットの雇用が脅かされる。これを防ぐため航空大手はパイロット組合と協定を結び、委託する地域路線を対象に機体の重量を制限している。

 三菱航空機が200機を受注した米スカイウエスト(SW)や100機を受注した米トランス・ステーツ・ホールディングス(TSH)は、米航空大手から地域路線を受託しており、この協定が適用される。

600キロ超過しており、現状では米国で就航できず

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。