アップルがセキュリティー対策でiOSを修正 スパイ行為の恐れで

2016.8.26 13:28

 米アップルは25日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などに使う基本ソフト(OS)「iOS」にセキュリティーの脆弱性が見つかり、修正版の提供を始めたと発表した。対象の端末を持っている場合、OSの更新時に修正される。

 ロイター通信などによると、スパイ行為の被害に遭う恐れがあることが判明した。iOSはセキュリティーを売りにしており、今回のような問題は珍しい。

 脆弱性が発覚したのは、アラブ首長国連邦(UAE)の人権活動家のiPhoneに不審なテキストメッセージが届いたことがきっかけだった。このテキストが指示する部分をクリックした場合、このiPhoneに内蔵したカメラやマイクを使って行動を監視される恐れがあったという。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。