「MR2」本格派ではなかったけれど… キラリと光る日本初のミッドシップ (1/3ページ)

2016.8.27 17:08


【拡大】

【昭和クルマ列伝】

 1970年代のスーパーカーブームを知る世代にとって「ミッドシップ」は特別な意味を持つ。何しろフェラーリ、ランボルギーニ、ロータスなど憧れのスポーツカーが軒並み採用してきたエンジン駆動方式だからだ。

 車体の中央にエンジンを配置することで前後の重量配分が理想的となり、回頭性を高め、クイックなハンドリングが得られる。

 そんなミッドシップ方式を日本で初めて乗用車に採用したのが84年発売のトヨタ「MR2」だ。

 エッジの効いた2ドアクーペは低いフロントノーズ、空力を考えた巨大リアスポイラー、リトラクタブル(格納式)ヘッドライトを備えたスポーツカースタイル。

 2人乗りの車内はミニマムだが、ゴルフバッグが入る程度の独立したトランクがあり、しっかと実用性も確保していた。

だが、MR2は本格スポーツカーとして扱われなかった

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。