三菱自、登録車8車種でも燃費不正 RVRでは8・8% 一時販売停止へ

2016.8.30 18:38

記者会見で謝罪する三菱自動車の益子修会長兼社長(左)ら=30日午後、東京都港区
記者会見で謝罪する三菱自動車の益子修会長兼社長(左)ら=30日午後、東京都港区【拡大】

  • 記者会見する三菱自動車の益子修会長兼社長=30日午後、東京都港区

 三菱自動車が軽乗用車の燃費データを改ざんした問題を受け、国土交通省は30日、同社が販売中の9車種の燃費を独自に測定した結果、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「RVR」「パジェロ」、乗用車「ミラージュ」など8車種が、販売用のカタログで示した数値を、最大8・8%下回ったと明らかにした。

 国交省によると、三菱自は9車種の燃費を自社で再測定した際も、軽乗用車での不正と同様、多数の走行結果から都合の良いデータだけを抜き出していた。 国交省は、数値を修正して届けるよう三菱自に指示し、正しい燃費表示をするまで販売を自粛するよう要請した。同社は販売を一時停止する方針。軽自動車4車種での対応と同様に、今回の8車種もガソリン代の差額などをユーザーに補償することを検討する。

 差が最大だったのはRVRで、カタログ値では1リットル当たり16キロのモデルが、国交省の測定では14・6キロだった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。