ソニー初の100インチ4Kテレビ投入 高度なデジタル制御で画質向上

4K高画質プロセッサーを搭載したソニー初の100インチ液晶テレビ「KJ-100Z9D」
4K高画質プロセッサーを搭載したソニー初の100インチ液晶テレビ「KJ-100Z9D」【拡大】

 ソニーは30日、新たに開発した4K高画質プロセッサー「X1エクストリーム」を搭載し高度な制御技術を実現した同社初の100インチ液晶テレビなど「ブラビア」シリーズの最上位モデル3機種と普及型モデル3機種を商品化、9月17日以降順次発売すると発表した。

 100インチ液晶画面の最上位機種を含む「Z9D」シリーズは、従来の「X1」に比べ処理速度が2倍のX1エクストリームを搭載。高度な制御機能によりバックライトのLEDを完全独立駆動させる独自技術と、多様な映像を幅広い階調の輝度で表現できるHDR技術を実現。通常は色が白く飛んでしまう明るい部分と黒い部分を肉眼で見ているかのように再現できる。100インチのほか、75インチと65インチの3機種を投入する。

 一方、4Kチューナー内蔵の「X8300D/7000D」は、5月に発売した「X8500D」の下位機種に当たる普及モデルで、画面サイズは49インチ(8300Dは43インチも)。HDR対応で、番組チェック機能に「スポーツ」「台風情報」など好みの番組をジャンル別にまとめられる機能を追加した。

 市場想定価格は、Z9Dシリーズの100インチ画面が約700万円(税別、以下同)、75インチ画面が約100万円、65インチ画面が70万円。X8300Dは約19万円(43インチは15万円)、X7000Dは16万円。