孫社長、ポスト京の英アーム技術採用を歓迎「全てインテルで賄うのは愚の骨頂」 (1/2ページ)

2016.9.17 06:55

民間企業の活用が進むスパコン「京」
民間企業の活用が進むスパコン「京」【拡大】

 富士通の山本正已会長とソフトバンクグループの孫正義社長が会談し、富士通と理化学研究所が共同開発している次期スーパーコンピューター(ポスト京)の開発推進の協力などを確認したことが16日、分かった。富士通はポスト京のCPU(中央演算処理装置)にソフトバンクが買収した英アームの半導体技術を採用する方針。孫社長は、富士通がアームの技術を採用することについて「大英断で、敬意を表する」と歓迎した。

 会談は15日午後に東京都港区のソフトバンクグループ本社で行われ、ポスト京開発プロジェクトに関わる理研や文部科学省の担当者も同席した。

 ソフトバンクによるアーム買収を受け、政府も、1100億円を計上したポスト京の開発方針をめぐり両社トップの「意思確認が必要」(理研)だとして日程調整を進めていた。

 アームの技術に基づいたCPUの世界シェアはスマートフォンでは95%だが、サーバーでは1割に満たない。富士通とアームが共同開発した高性能CPU技術について、孫社長は「スパコン以外にも広がらないといけない」と述べ、ビジネス分野への活用拡大を求めた。

「全てインテルで賄うのは愚の骨頂だ」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。