AR・VR、ゲーム外に拡大 教育・観光、スポーツ 市場40倍も (2/2ページ)

2016.9.20 06:19

KDDIが企画した仮想現実(VR)を使った「課外授業」=8月31日、東京都渋谷区(KDDI提供)
KDDIが企画した仮想現実(VR)を使った「課外授業」=8月31日、東京都渋谷区(KDDI提供)【拡大】

  • プロ野球の楽天イーグルスが取り入れた仮想現実(VR)を使った打撃練習(NTTデータ提供)

 一方、ソフトバンクはARを使った観光サービスを展開している。神奈川県の箱根町観光協会と連携し、町にゆかりの人気アニメ「エヴァンゲリオン」を生かした取り組みを進めている。名所を巡るスタンプラリーのスポットでスマホの専用アプリを起動させると、画面上では現実の風景の中にエヴァンゲリオンのキャラクターが現れる。これまでにない楽しみ方で、外国人観光客にもアピールできるという。

 三菱総合研究所は、VRやAR向け機器の市場規模が、2015年の計約2350億円から、10年後の25年には40倍近い8兆8000億円まで拡大すると予想する。関連するソフトやサービスは25年には最大で7兆円を超えると見積もる。

 有望市場でのシェア獲得を目指し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは来月、ゴーグル型の「プレイステーション(PS)VR」を世に出す。マイクロソフトもVR端末の発売を計画しており、世界的な競争になるのは間違いない。VRやARは小売りや医療などでも活用が期待されている。

 ゲームアナリストの平林久和氏は「普及が進めば将来的にはわれわれの生活を変える力を持っている」と強調している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。