【ビジネスのつぼ】アデコグループ「Adecco WAY TO WORK」 (1/4ページ)

2016.9.26 05:00

2016年のCEOFORONEMONTHに選ばれた女性とともに撮影に応じるアラン・ドゥアズ氏(左)
2016年のCEOFORONEMONTHに選ばれた女性とともに撮影に応じるアラン・ドゥアズ氏(左)【拡大】

  • 世界53カ国で行われたSTREETDAYで、アデコ日本法人の社員は街頭で活動をアピールした=3月17日
  • アデコグループが実施した2016年のCEOFORONEMONTHにおける選考風景
  • 川崎健一郎社長
  • 弘田百合子さん

 ■仕事経験通じ、若者にキャリア形成意識を

 2008年のリーマン・ショック以降、海外では若者の就職難が大きな課題だ。スイスに本社のある大手人材サービスのアデコグループは、若者が仕事経験を得ることで、自立的なキャリア形成意識を持ち、社会人としてはばたくための支援プロジェクト「Adecco WAY TO WORK」を行っている。

 ◆参加の従業員にも誇り

 「苦難を乗り越えるためにはパッション(情熱)が必要だ」「人を信じること、くじけない力が企業家として行動するときに必要だと思う」

 今月9日、東京都内のアデコ日本法人で開かれたプログラム「CEO FOR ONE MONTH」の最終選考会。壇上では、計5万4600人の応募者から選出された5人が、リーダーになるための思いをそれぞれ訴え、フランス代表のカミル・クレメントさんが栄誉に輝いた。クレメントさんは、アデコグループのアラン・ドゥアズ最高経営責任者(CEO)から1カ月間、直接指導を受けながら業務体験をする機会を手にした。

 このプログラムは13年から始まったAdecco WAY TO WORKの一環として行われた。ドゥアズ氏は傍聴席の最前列に座り、柔和な表情で若者たちの主張に何度もうなずいていた。

 なぜ、アデコグループは若者を支援するのか。ドゥアズ氏は「世界中で7100万人もの若者が失業している。職場のソリューションを提供する立場のわれわれとしては、仕事を経験する機会を若者に与えたかった」と、理由を語る。若者支援を継続することで優秀な人材が蓄積され、自社での採用および、顧客企業への紹介につながると期待している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。