ヤフー、週休3日制を検討 「単純な作業は人工知能などに任せて…」

ヤフーが10月1日から業務を始める新本社のオフィススペース=東京都千代田区
ヤフーが10月1日から業務を始める新本社のオフィススペース=東京都千代田区【拡大】

 ヤフーの川辺健太郎副社長は27日、週休3日制の導入を検討していることを明らかにした。「単純な作業は人工知能(AI)などに任せて、従業員は、人間にしかできない創造性の豊かな仕事に時間をあててほしい」としており、生産性の向上が主な目的だ。導入時期は未定だが、「従業員が3日目の休みを自由に選ぶ」(川辺副社長)方式を考えているとした。

 同社はこのほか、通勤時間が2時間以上の従業員を対象に、月15万円を限度に新幹線を含む交通費を負担する「新幹線通勤」の制度を10月から導入すると発表。合わせて、社員の健康増進に取り組む「CCO(チーフ・コンディション・オフィサー)」を今月新設し、宮坂学社長が就任したことも公表した。

 現在、東京・六本木にある本社を10月1日に赤坂に移転するのに合わせて開いた説明会で川辺副社長らが説明した。新本社は従業員の席が決まっておらず従業員同士の交流を促す。社外の人も使えるコワーキングスペースも11月から稼働させる。