東急ハンズで個人情報861件が流出の恐れ すでにカード不正利用発生

2016.9.30 13:09

 東急ハンズは30日、手作り作品の通販サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード番号や住所、電話番号などの個人情報861件が流出した可能性があると発表した。このうち十数件はカードが不正利用されたとみられるという。

 流出した可能性があるのは「ハンズ・ギャラリーマーケット」で今年1月4日~9月9日までの間に商品を購入した顧客の情報。9日にカード会社から「情報が流出しているのではないか」との指摘があり、外部に調査を依頼していた。

 861件のうち、クレジットカード情報が流出したのは529件。現在はサイトの利用を停止しており、再開時期は未定という。

 29日に警視庁に届け出て、経済産業省にも報告した。不正利用の被害額は分かっておらず、今後調べた上で被害届を出す。

 東急ハンズは情報が流出した客には個別に連絡するとともに、カードを再発行する際の手数料を負担するとしている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。