3代目でカローラが生産台数世界一を達成した背景とは?

2016.10.1 17:00


【拡大】

 カローラは日本だけじゃなく、世界で人気ということは多くの方がご存知かもしれません。現在のカローラは11代目となるのですが、初代発表から生産台数世界一となるのに、極めて短時間だったことはご存知でしょうか?

 日本でも大人気となった、カローラ・サンマル、つまり3代目(E30型)は1974年に発表となりましたが、その年になんと54万3214台を達成し、カローラは車名別生産台数世界一となったのです。

 メインマーケットのアメリカ市場にあわせ、衝撃吸収バンパーやELR式シートベルトの採用など、世界基準のクルマ作りにも積極的に取り組み、トヨタにとっての世界戦略車として大活躍をしたのです。

 当時、日本はもとより世界的に公害問題が深刻となるだけでなく、中東戦争の勃発によるオイルショックが世界で巻き起こり、カローラのみならず、小排気量で低燃費、しかも完成度の高い日本車が世界のマーケットから一気に高い注目を浴びることとなったのですが、そのことも躍進の要因だったようです。

 (文:カローラせんせい/小林敦志)

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。