プリウスは「もう特別なクルマじゃない」 豊田章男社長が語るエコカー新戦略 (1/5ページ)

2016.10.11 06:57

トヨタ自動車が今冬の発売を予定する新型「プリウスPHV」(左)と、ハイブリッド車「プリウス」
トヨタ自動車が今冬の発売を予定する新型「プリウスPHV」(左)と、ハイブリッド車「プリウス」【拡大】

豊田章男社長インタビュー【後編】

 「プリウスはカローラになった」……米国でのエコカー規制のルール変更を受けて、今後、注目が集まるのがこの冬発売予定の「プリウスPHV」だ。トヨタのエコカー戦略はどう変わるのか、豊田社長に聞いた。

 トヨタが袖ケ浦フォレストレースウェイで開催した、新型プリウスPHVの先行試乗会に、サプライズで現れたトヨタ自動車の豊田章男社長。前編に引き続き、豊田社長のインタビューを掲載する。後編のテーマは、この日の試乗会の主役である新型プリウスPHVと、トヨタのエコカー戦略についてだ。

 グローバルのエコカー戦略はどうなる?

 トヨタは現在グローバルなエコカー戦略として、ハイブリッドカー(HV)の「プリウス」、プラグインハイブリッドカー(PHV)の「プリウスPHV」、水素を使った燃料電池車の「MIRAI」というラインナップを揃えている。

 今回先行試乗会が行われたプリウスPHVは、ハイブリッドカーと電気自動車のいいとこ取りをしたようなクルマだ。プリウスと同じように給油さえすればハイブリッドとして長距離走行が可能な一方、家庭用の100V/200V電源から充電でき、電池が切れるまではエンジンを使わない電気自動車として走れる。

 プリウスPHVは、トヨタにとって重要なクルマなのではないか? という質問に対して、豊田社長はこう答えた。

 「どれか1台だけを特別にプッシュしようとは思っていません。トヨタの全てのクルマに思い入れがなきゃ、おかしいじゃないですか?」

北米市場でプリウスPHVが売れないとなぜ困る?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。