日本酒がワインの国で定着するには 「50年後」に文化は変わる? (1/3ページ)

2016.10.16 06:00

酒フェスティバルの岩手県スタンド(左)
酒フェスティバルの岩手県スタンド(左)【拡大】

  • インタビューに答える主宰者のNPO酒道のマルコ・マッサロットさん
  • 日本酒のレクチャーの様子

 イタリアで一番存在感のある中国系食品商社は、イタリアで一番日本酒を売っている。その会社のオーナーに「イタリアで酒が定着するのに、何年かかるでしょうね?」とぼくは聞いた。

 「50年でしょう。ワインの国ですから」とあっさりと彼は答えた、

 ここで定着の意味をきちんと定義したわけではない。が、ぼくとしてはワインやビールに対する選択肢として、日本酒が飲食店のリストに普通に挙げられるレベルを想定していた。

 テーブルに座ったら、「さあ、一日の仕事が終わった。酒でも飲むか」と何も考えもせず自然に日本酒を飲む、というシーンを中国人の彼は定着のレベルと捉えたのかもしれない。

 現実を見るならば、イタリアで日本酒がビールやワインと並ぶ位置にはなっていない。まったく、というほどに。

 今週、3年目のミラノ酒フェスティバルが二日間に渡り開催された。岩手県や日本酒造組合中央会などが、酒蔵やインポーターと並びスタンドを構えた。

 昨年のフェスティバルでは、純米や吟醸など酒のカテゴリー名を知っている人が増えてきたと感じた。酒にはバリエーションがあり、スパークリングや大吟醸を入り口にして、次の世界があると知る人が少なくない、と。

 今年は「酒の導入を図っている」と語るイタリア料理レストランのソムリエの言葉をよく聞いた。その一方で、こうした酒への関心の高まりはミラノがイタリアでは突出しており、トリノやフィレンツェではミラノの数年前のレベルとの地域ギャップも確認した。

ミラノは「パリの10年前」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。