VRで旅行を疑似体験 KDDIとナビタイムが新サービス

VRで旅行を疑似体験するサービスでは、現地の人とのコミュニケーションも楽しめる=20日、東京都港区(高橋寛次撮影)
VRで旅行を疑似体験するサービスでは、現地の人とのコミュニケーションも楽しめる=20日、東京都港区(高橋寛次撮影)【拡大】

 KDDIと、経路探索サービスのナビタイムジャパンは20日、仮想現実(VR)技術により、旅行を疑似体験できる新サービス「SYNCトラベル」を実施すると発表した。ゴーグル状の端末を通して、現地ガイドが持つ360度カメラの映像を楽しむことができる。現地のお土産を選んで受け取るほか、風景を写真で撮影することもできるという。

 同サービスは、11月3、4日に東京都渋谷区の特設会場で実施する。旅行先はロンドン、バンコク、豪シドニーの3都市が対象で、1組2人、両日で計28組限定で提供する。料金は1組あたり1980円。20日にナビタイムの旅行プラン作成サイトで予約受付を始めた。両日の反響などを踏まえて、本格的なサービスの運用も検討する。

 他の携帯大手も関連技術やサービスの開発を進めている。NTTドコモは7月、VR動画配信アプリ「dTV VR」の提供を始めた。また、ソフトバンクは6月に「VR事業推進室」を設置。VR映像などの配信を手がける米国の会社に出資し、今年度内にも日本でVR関連サービスを始める考えだ。