「確定拠出年金」年明け拡大スタート 主婦も公務員も加入OK、1兆円の新市場に顧客争奪戦 (1/2ページ)

2016.10.28 06:33

個人型確定拠出年金について説明するりそな銀行の行員=27日、東京都内
個人型確定拠出年金について説明するりそな銀行の行員=27日、東京都内【拡大】

 個人で年金資産を運用する確定拠出年金の対象が、来年1月から主婦や公務員に拡大する。各金融機関は、口座管理手数料の引き下げや宿泊優待サービス、コールセンターによるサポート態勢の充実など、囲い込みを本格化させている。ただ、加入を促す方法に一定の制約がかけられており、幅広く浸透していけるかが課題になる。

 野村総合研究所は、個人型の確定拠出年金に941万人が加入を希望し、新たな拠出額は年間1兆円程度に達すると推計。認知度が8月時点で約3割にとどまっているが、各金融機関は「貯蓄から投資」への流れもあり、個人資産を一気に取り込む好機とみている。

 加入者は、銀行や保険会社、証券会社などから「運営管理機関」を選び、自分で毎月の掛け金を投資信託などで運用する。金融機関側は、運営管理機関に一度選ばれることになれば「解約されにくく、安定して報酬が得られる」(大手生命保険)という魅力がある。

 新たに運営管理機関の業務を始めるのは、SOMPOホールディングス傘下の損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント。同社は、掛け金が2万円以上か、残高が200万円以上などの場合に口座管理手数料を無料にする。当面は月300件の新規加入を目標に、2020年度には月500件まで高め、受託資産残高150億円を目指す。

「主婦にも分かりやすい商品、サービスを検討している」(明治安田生命保険)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。