ハロウィーン商戦、バレンタイン超えるか…商品販売に加えてイベントで市場拡大 (1/2ページ)

高島屋は28~31日まで「かぼちゃの人力車」を体験できるイベントを実施する
高島屋は28~31日まで「かぼちゃの人力車」を体験できるイベントを実施する【拡大】

  • ハロウィーン商戦とバレンタイン商戦の比較

 31日に行われる「ハロウィーン」の関連市場が拡大している。企業は商品を売り出すだけではなく、参加できるイベントなどを通じた「体験型」のサービスを提供、消費の裾野を広げている。秋の風物詩としてすっかり定着し、市場規模は菓子の購入が中心の2月のバレンタインを抜いたとの見方もある。

 地域活性化に寄与

 タカラトミーは本社のある東京都葛飾区と共同で、子供におもちゃを配布するハロウィーンイベントを28日、開催する。

 仮装した社員と区職員らが地元商店街から本社、区役所までをパレード。関連グッズやおもちゃの販売にとどまらず、イベントを通じ「地域の活性化につながる」(広報担当者)という。

 日本記念日協会(長野県佐久市)の推計によると、今年のハロウィーンの関連市場規模は前年比10%増の約1345億円。バレンタインの約1340億円を抜いて、クリスマス(約7000億円)に次ぐ市場規模になると予測する。

 同協会は「『自分には関係ない』と思う人が多いバレンタインに比べ、ハロウィーンは参加する人が多く、その分、関連消費も増えている」と説明する。

企業側も多様なサービスで消費の喚起を狙う