バイク再編、市場縮小で危機感 「あの2社が組むとは…」 次の焦点はスズキ (1/4ページ)

2016.10.31 06:47

日本GPで独走するホンダのマルク・マルケス選手(右)(ホンダ提供)
日本GPで独走するホンダのマルク・マルケス選手(右)(ホンダ提供)【拡大】

  • マルケス選手(中央)、スズキのビニャーレス選手(右)ら=16日、栃木県茂木町(ホンダ提供)

 国内二輪車メーカーが事業再編を加速している。ホンダなど大手4社は世界でも存在感が大きいが、お膝元の国内市場が大幅に縮小。その結果、ホンダと、ライバルのヤマハ発動機は、排気量50cc以下の「原付き1種」で業務提携を検討する。二輪車事業の赤字が続くスズキの動向が次の焦点になっている。

 泥沼の争いから一転

 10月16日、栃木県茂木町のサーキット「ツインリンクもてぎ」。爽やかな秋晴れが広がり最高気温が25度と季節外れの「夏日」を記録する中、世界最高峰の二輪車レース「MotoGP」第15戦の決勝が開かれた。

 詰めかけた5万2216人のファンが見つめる中、4周目にトップに立ったホンダのマルク・マルケス選手が独走。ライバルのヤマハ発のバレンティーノ・ロッシ選手が7周目に転倒し、24周のレースを制したマルケス選手が残り3戦を残して年間王者を決めた。マルケス選手は「ホンダは一生懸命頑張ってくれた。最高の年になった」と感謝の気持ちをコメントした。

 ヤマハ発のロッシ選手らの脱落で2位に伊ドゥカティの選手がつけたが、3位にはスズキのマーベリック・ビニャーレス選手が入り、日本メーカーの底力を見せつけている。

スクーターを中心に定価の半額など値下げ競争が起き、両社の関係は悪化した

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。