トヨタ、成長軌道に3つの試練 北米市場減速、中国も先行き不安 削れない開発投資… (1/2ページ)

2016.11.9 06:30

決算説明を行うトヨタ自動車の伊地知隆彦副社長=8日、東京都文京区
決算説明を行うトヨタ自動車の伊地知隆彦副社長=8日、東京都文京区【拡大】

 トヨタ自動車の2017年3月期の連結営業利益予想が従来見通しから1000億円上方修正されたのは、お家芸とする原価低減の徹底が収益を押し上げるためだ。ただ前期比では4割減になるうえ、世界販売も米国市場の減速などから下方修正された。しかも、円高の逆風の中でも次世代環境技術などで優位性を保つための投資は削れない。直面する厳しい局面をどう克服し、再び成長軌道に戻せるか。トヨタの真価が試される。

コスト改善1150億円

 「緊急的な原価低減活動が順調に進んでいる」

 トヨタの伊地知隆彦副社長は8日、東京都内で開いた会見でこう胸を張った。原価改善努力などで前期よりさらに1150億円ものコスト改善にめどをつけたことで、営業利益予想の増額修正につなげることができたからだ。

 乾いたぞうきんまでも絞るような徹底したコストの圧縮で収益は予想より上向かせる計画だが、販売をめぐる環境は難しさを増している。17年3月期の世界販売は8月時点の予想に比べ5万台下げられ、1010万台に見直された。最大の要因は、世界販売台数の約3割を占める北米での苦戦だ。当初予想に比べ6万台下方修正され、282万台とした

 背景にあるのが米国新車市場の減速だ。実際10月までに3カ月連続で前年実績を下回っている。しかも売れ筋がトヨタの得意とする小型車やセダンからスポーツ用多目的車(SUV)など比較的大きな車種に移っていることも逆風だ。市場減速の中、顧客争奪戦も激しく、米国勢との値下げ競争に巻き込まれれば利幅の低下も避けられない。

中国市場なども懸念

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。