NRIサイバーが特許の調査分析にAIを活用 日米のデータ使用、短時間で正確 (1/2ページ)


【拡大】

 NRIサイバーパテントは、AI(人工知能)エンジン「KIBIT」を使った特許調査分析システム「Lit i View PATENT EXPLORER」(リット・アイ・ビュー・パテントエクスプローラー)のサービスを今月スタートした。先端技術開発で知られるFRONTEO(東京都目黒区、旧UBIC)が開発し、NRIサイバーのインターネット特許情報検索サービス「NRIサイバーパテントデスク2」(デスク2)の連携機能として提供される。9~11日に東京・北の丸公園の科学技術館で開かれる特許・情報フェア&コンファレンスに出展する。

 特許の調査分析には、出願時に他社特許と重複しないための「先行例調査」や審判・訴訟で他社の特許権をつぶすための「無効化資料調査」などがある。NRIサイバーの高野誠司社長は「IoT(モノのインターネット化)分野の製品やサービスには膨大な特許が絡み、企業は調査分析に多くの時間をとられている。AIで大幅な効率化をしながら正確な調査分析も期待できる」と説明する。

 ユーザーはまず、デスク2へアクセスして分析対象となる母集団としての特許データ群をデータベースから検索、抽出する。使用できるデータは日本特許(日本語)と米国特許(英語)の2種類だ。次に特許データ群をリット・アイ・ビューに移し、分析にかける。5000件の特許データ群の場合、日本特許は約5分、米国特許は約8分30秒という超短時間で分析が完了する。結果は関連の高い順にスコア付けされ、上位から精査すれば目的の特許文献を早く探せる。

最大の特徴はAIに機械学習をさせる「教師データ」を活用できる点