東芝復活へ構造改革強化 9月中間黒字転換も経営不安 テレビなど追加リストラ (1/3ページ)

2016.11.12 07:00

記者会見する東芝の平田政善最高財務責任者=11日、東京都港区
記者会見する東芝の平田政善最高財務責任者=11日、東京都港区【拡大】

 東芝は11日、赤字が続くテレビなど一部の事業で追加リストラを今年度内に実施する方針を示した。主力の半導体事業が好調で、2017年3月期は黒字転換を見込むが、構造改革を強化し、全事業の黒字化を目指す。

 半導体など好調

 同日発表した16年9月中間連結決算は、営業損益が967億円の黒字(前期は891億円の赤字)に転換した。中間期として営業黒字は2年ぶり。中国のスマートフォンメーカー向け記憶用半導体などが想定以上に好調だったのが大きな要因だ。

 最終利益は、白物家電事業の売却益などを計上したことなどから、前期比約3倍の1153億円。売上高はパソコン事業縮小の影響などで4.3%減の2兆5789億円だった。

 会見した平田政善最高財務責任者(CFO)は赤字が続くテレビや電力部門の配電関連などについて「構造改革を行い、収益回復を目指す」と述べた。海外に続き、国内からもテレビ生産から撤退する案についても「あらゆることを想定している」と述べた。

経営には依然として不安が残る

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。