外国人IT技術者育成、日本企業に即戦力斡旋 アビタス・三輪豊明社長 (1/3ページ)

2016.11.15 05:00


【拡大】

 IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ビッグデータの活用などIT関連技術が進化し、市場を拡大している。半面、先端技術に携わるIT技術者不足が深刻化している。経済産業省の調べによると、日本では現在17万人超が不足し、2030年には41万~79万人に拡大すると予測されている。海外資格取得支援スクールなどを運営するアビタスは、外国人IT技術者を育成し、就職を斡旋(あっせん)する事業に参入した。三輪豊明社長は「日本語会話に加えITマネジメントも行えるよう、即戦力として教育している」とIT技術者供給に意欲をみせる。

 --外国人のIT技術者育成事業に参入したいきさつは

 「もともと米国公認会計士(USCPA)の取得支援スクール運営を事業の軸にしていたため、会計に強い人材を多く送り出したのに合わせて会計に特化した人材の紹介・派遣にも取り組んでいる。12年には日本語学校を買収し、中国の日本語学校と提携して生徒の紹介を受けている。人材紹介・派遣業と中国での実績を生かして、日本のIT人材不足を解消するために参入した」

 --中国から着手した

 「漢字文化圏で日系IT関連企業が多く進出し、日本になじみやすいと思われたからだ。まず中国・大連でスタートし、10月から理系の大連理工大学、大連海事大学、大連交通大学で、ITを専攻し日本語検定2級相当の大学生を対象に約100人の応募者を30人に絞り込む選抜を始めた」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。