【高論卓説】トランポノミクス、自動車業界は正念場 (3/3ページ)

2016.11.22 05:00

 メキシコの自動車生産台数は2015年に340万台に達し、世界第7位に浮上した。20年までに560万台に増え韓国を抜き、世界第5位の自動車生産大国となる見通しである。この過半数が米国向け輸出である。この流れへ減速をかける政策検討は、起こりうるシナリオなのである。

 米国販売の10%がメキシコ生産車に依存する現在の日本車の構造は、政治的プレッシャーを受けるとき、多大なリスクとならざるを得ない。メキシコを除く北米現地生産比率は、ホンダが90%以上で合格点だが、トヨタが65%、日産は50%程度に過ぎない。内向きに向かう米国市場に対し、望ましい地産地消のバランスはどこにポイントがあるのか。今一度、業界はこの古くて新しい命題を解かねばならない。

                  ◇

【プロフィル】中西孝樹

 なかにし・たかき ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト。米オレゴン大卒。山一証券、JPモルガン証券などを経て、2013年にナカニシ自動車産業リサーチを設立し代表就任(現職)。著書に「トヨタ対VW」など。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。