【ビジネスのつぼ】わかさ生活「レスベラトロールの水」 (1/4ページ)

2016.11.28 05:00

来年1月に本格販売する「レスベラトロールの水」
来年1月に本格販売する「レスベラトロールの水」【拡大】

  • 「レスベラトロールの水」の専任チーム、MakeBrand事業部美容事業課の勝治舞さん、橋井彩課長、松山わかなさん(左から)
  • 12日、東京都内で開かれた「レスベラトロール研究会」の初会合

 ■毎日飲んで体の内から美容サポート

 女性ならはりと潤いのある美しい肌に努力は惜しまない。それを高価な美容液に頼らず、体の内側からサポートする美容飲料水が登場する。ブルーベリーを素材としたサプリメントのトップメーカー、わかさ生活(京都市下京区)が開発・商品化した「レスベラトロールの水」だ。来年1月にドラッグストアなどで本格販売し、内側からの美容ケアを目指す「大人女子」をターゲットに、ロングセラー「ブルーベリーアイ」に次ぐ、第2の柱に育てたい意向だ。

 ◆ポリフェノールに着目

 この商品の最大のセールスポイントは、100ミリリットル入りのボトル1本に「赤ワイン3ボトル分」のポリフェノールが含まれる点だ。ポリフェノールは細胞の酸化を防ぐことから美肌効果が期待される。その上、「美容ウオーター」という生活に欠かせない水として商品化することで、美肌を意識する女性が手軽に利用できる点を訴える。

 商品開発に当たっては、北欧に自生し、強い抗酸化力を持つポリフェノールの一種「レスベラトロール」を多く含む果実「サンタベリー」に着目した。北欧では肉料理の付け合わせなど一般家庭で使われ、マイナス30度を超える極寒の冬でも緑の葉を落とさない強い生命力から「若返りの果実」と呼ばれる。真っ赤な果実の色から「サンタクロースの贈り物」の名も持つ。

 同社とサンタベリーの出会いは古く、角谷建耀知社長が2000年に北欧を視察した際に遡(さかのぼ)る。「ブドウなどに比べて非常に多くのレスベラトロールが含まれていることが後になって分かり」(角谷社長)、10年以上に及ぶ研究を重ね、高濃度のレスベラトロールの独自開発につなげた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。